Tuesday, April 30, 2013

∮ oh, la la la, di da da la la, di da da da dum ∮...





 welding in front of the 1915 indian motor...

1915年のインディアンのエンジンを前に溶接する図がおもしろい。









for now...

今のところこんな感じ。


Monday, April 29, 2013

i love my bike...



came back from the canyon = came back to earth. shinya realized it was time for niimie's XS to change the rear brake shoe. 

山から戻り少しずつ現実に戻る。そろそろN美氏のXSのリア・ブレーキ・シューを替えた方がよさそうだ。木村氏は前回タイヤを替えた時にブレーキ・シューが減っていたのが見えたので注文しておいたらしい。勝手に乗り倒しちゃってソーリー。
 
 


 
 thank you, Busch and Busch!

ブッシュ・ブラザーズから届いた、ブラザーズなのに何かかわいいハートのミラーとレザーグッズ。ありがとう!
 
"i love my bike" see you guys in summer!!
 


✶ monday ride session... ✶


 better-prepared CL450

いつもより念入りにホンダの宗ちゃん号を準備。

and to the empty canyon with our precious friend. went up to the crystal cafe...

そして無人の山へ。まずは上のクリスタル茶屋までスイスイーっと。もうどこまででも乗って行きたい。

and then came half way down, instead of going straight we took east fork and went up a little bit more. today's motorcycles are: one thumper and two parallel twins, all from 70s. we just wanted to keep riding forever!

そして、夢のデラックスコースへ。下りの途中でアズサに降りず、分岐を東へ向かってもうひと登り!月曜の山は貸切、もうずーーっと乗っていたい。本日はN美氏にお借りしたXS650に木村氏、X氏のCL450宗ちゃん号、相も変わらずSR500の筆者。ヤマハとホンダ、または単気筒と並列二気筒、そして全車70年代もの。シブすぎるラインナップ。楽しすぎるライディング。時間よ止まれコース決定版。

our emotions were still running high from the exhilarating ride but these ranges of mountains are always calm and refreshing.

余りにも気持ちのいいライドで興奮気味の我々を迎え入れてくれるのは、この落ち着き払った山々。覚醒と平穏の狭間で何ともいえない気持ちにさせてくれる。最高のオートバイ日和よ、ありがとう。




Sunday, April 28, 2013

sunday morning, ride as a cnayon guide...


our friend A-san had company from japan, wanted to take them to the canyon and asked shinya to be a guide! "the canyon guide"? it sounds so tempting. i went up for a guide, too. we didn't know why we shouldn't!

パリ・ダカ走者のAンドー氏がお知り合いの方々を山へお連れしたいということで、山の案内人を引き受けた木村氏と、頼まれてもいないのにSRに飛び乗る私。日曜の午前、山へ出動です。


greeted by saab sonett owner's club meeting at the crystal cafe :)

てっぺんの茶屋まで行くと、サーブ・ソネットのオーナーズ・クラブがミーティング中(4台)。やっぱりこの辺の年代のクルマに惹かれるなあ。



we were watching A-san's friend riding down there↓ from up here↑

Aンドー氏のご友人が下↓を走っているのを上から見ている木村氏とAンドー氏↑。

fun fun fun 


Saturday, April 27, 2013

personality rock...


on the way to the highway from the willow springs race way. we stopped by here last year and i remember it was right at the closing time and the gate closed in front of us.

レース・トラックからハイウェイに出る途中にあるネコ科の動物保護センター。去年寄った時はちょうど閉園時間で、目の前でゲートが閉まったんだった。

 the gate was open this year.

今年はゲートが開いてる。
 




thinking about how and why they ended up being here in the cage (and probably they were in the cage before they were rescued) is heart wrenching...these birds were flying back and forth between inside and outside the cages.

一体何がどうなって彼らはここで保護されることになったのか。保護される前も保護されてからもずっと檻の中。檻の中に閉じ込められるのは悪いことした人じゃなかったの?鳥たちは檻の中も外も自由に行ったり来たりしていた。色々考えさせられた。

just like last year, the abandoned houses were there right out side of the conservation center.

去年も撮った廃墟の集団の今年バージョン・・・は保護センターを出るとすぐの所にある。


then we took highway 14 and realized that there were so many exits named "something canyon" or "something canyon road" so we decided to take one and check the canyon out.

さて、気を取り直してハイウェイ14番でアズサに戻る途中。やけに降り口の名前にキャニオンが付いている。「なんとかキャニオン」とか「なんとかキャニオン・ロード」など。で、キャニオンと聞いちゃ血の騒ぐ我々は、てきとうに降りてアウェイの渓谷をチェックしてみることに。

and we saw the sign said "vasquez rocks park" so we stopped by. WOW shinya just kept climbing.

降りたら偶然ヴァスケス・ロックス公園というサインがあったので、行ってみた。すごい!変な形の巨大な岩がわんさか!ずんずん登って行く木村氏。

suddenly he turned and came down. yup, he's scared of heights :D

突然引き返す木村氏。この必要以上なビビりよう。高い所が苦手なのを忘れていたらしい。



 he found a different route :)

懲りずにまた登り始める木村氏。

 taking a nap :)

秘密基地発見!



 found a hole in a rock.

岩穴発見!
 
 still climbing...

まだ登ってる・・・
 
:D there is really a lot to learn about california.

カリフォルニア、まだまだ奥が深いな。ここは今度はN美氏も誘ってオートバイで来たい場所。