Saturday, September 24, 2016

stage 14, Lake Havasu, Arizona to Palm Desert, California (241 miles)...


our friend in Arizona showed up to send us off to California. it made us feel that we are so close to home. thank you F-bomb, our fellow Cannonballer and land speed racing mate for coming all the way from Phoenix!

アリゾナ在住で2回目のキャノンボールに参加、ランド・スピード・レーシングでエルミラージでもレースしているF-ボムが見送りに来てくれた。同じアリゾナとは言えフェニックスから夜中に3時間もかけて会いに来てくれて本当にありがとう。






 JS and DF of Thor Loosers :)

自らを負け犬ソアーズと呼ぶJSとDF。

 they showed us the true Cannonball spirits. 

キャノンボール・スピリットを見せてくれたカッコイイ二人。

 and superwoman Linda!

スーパーウーマン、L!


stage 14 has started. this will be Niimie's last ride for the race and a tough one across the California desert. there will be no fuel stop for 90 miles in some point. the heat is not good for our Indian and it will be harsh on riders, too.

ステージ14の始まり。そしてN美氏にとってはこれが最後のステージ。途中145kmほど給油所のない砂漠のルートを行く。きっと熱さでインディアンにとってもN美氏にとっても過酷なステージになる。









 soon after Niimie left, we, the support van, left Lake Havasu, too. we share the same route for the first short distance and spotted Niimie and the Indian on the canyon road. go Niimie, go Indian!

N美氏が出発して間もなくチャボバンも出発。本日は最初の少しだけライダーとクルーが同じルートになっていて、前を走るN美氏とインディアンに追いついた! 行け、行け~







California here we come!!

いよいよカリフォルニア入り!やったぁー





at today's finish line. when #49 FW 1912 Henderson was just coming in.

本日のゴールにて。チーム#49の1912年ヘンダーソンが来た!

 and here comes Niimie and the Indian!!

そして、N美氏とインディアンがキタァァァァ!

team 80, stage 14 clear!

チーム80番、ステージ14クリア!砂漠の中を386km完走。






Friday, September 23, 2016

nightly maintenance day 13...


 as soon as shinya and the Indian came in...

お馴染み、戻るや否やシリーズ。






 valve lapping. at the parking lot.

ヴァルヴのすり合わせ@野外駐車場。






ready for tomorrow.

明日の準備完了。



stage 13, Williams, Arizona to Lake Havasu City, Arizona (232 miles)...


shinya and the Indian,  warming up in the morning.

木村氏とインディアン、朝のワームアップ。

 something's bothering him...

何だかしっくりこないらしい。


 they started to investigate just 20 minutes before the starting time...

出走時間が迫っている。しかし、どうにも気になるので調査。


 they found that one of the cylinder stud bolts was worn out got a loose end.

シリンダーのスタッド・ボルトが一本痩せちゃっているのを発見。

 took out one from a spare case and replacing it.

スペアのケースから一本取って付け替えてみる。


 people see a case on the ground so they probable thought "oh, poor #80, not again!" but, i thing we will be ok.

地面にケースが転がっているのを見て、周りの人が「また80番がやらかしてる。かわいそうに。」という雰囲気が漂う。でも、たぶん大丈夫。





 in such a crunch, they are still smiling :D

こんなピンチでも笑顔。変の態の習性。


shinya is ready and off to Lake Havasu. Go shinya!

何とか出走時間に間に合った!本日のライダー木村氏。レイク・ハヴァスウまで371km。

 #39 Linda and Larry. Larry is a special machinist that he made every single parts for their 1914 Indian. Linda got her motorcycle license just two weeks before the Cannonball. this is her first motorbike and every day she adds miles on it. she's a superwoman!

チーム39、LとL。おじさんのLの方は元マシニストで、彼らの1914年インディアンのエンジン、パーツ全部そっくり自作して参戦。ライダーのLは飛行機の女性パイロットだけど、オートバイの免許はキャノンボールの2週間前に取ったばかり。初めてのバイクが1914年インディアン。とにかく毎日スタートはするものの、不慣れで1マイル進んで止まってしまったりしていたのに、どんどん乗れる距離を増やしているスーパーウーマン。今日はゴール出来ますように。


 #94 RR 1916 Indian
one of his con-rods got snapped and missed two stages but he has been working on it and today, back on the road! 

RRの16年インディアンは何日か前にコンロッドがひしゃげてしまった。でも二日掛かって何とかレースに復帰。だから今朝は特別に誇らしい気持ちなんだって。

#78 CF 1916 Indian
he has been struggling and repairing his Indian for two days and he's back on the road again today! never give up!

こっちの16年インディアンも3日前に大打撃を受け、結構落ち込んでいた。でも、直すしかないよな?と何度も我々に聞いてきて、昨日も夜中までずっと直して、今朝出走。みんな本当にカッコイイ。






 waiting at today's finish and...shinya is here!!

朝のドタバタがあったのでドキドキしながらゴールで待っていると、キタァァァァ!


team 80, stage 13 clear!

チーム80番、ステージ13クリア!





 #39 1914 Indian, Linda made it all the way!! now she is a true superwoman! so glad to be here and share this moment with them.

そして、免許取り立てホヤホヤの1914年インディアン、チーム39のLが初めてステージを完走!ほんとにほんとに嬉しかった!この瞬間を分かち合えることに感謝。

three golden smiles :D 

みんな本当に素敵な笑顔!