Saturday, August 30, 2014

hello arizona!


looks like we were in a different state but were still in california. we had to stay overnight in indio and today it was still 104 degrees. so our van needed a new radiator. instead of shinya and niimie to get parts and replace it by themselves under the sun we found a guy who works independently from his house and didn't mind working during the labor day weekend.

まるで他の州に来たみたいだけど、まだカリフォルニア州、インディオ。ルート99ってのもあるんだなー。気温は引き続き摂氏42度。結局ラジエターを新品に替えるしかないということになり、いつものようにパーツを買って自分達でやる・・・気も失せる暑さ。どこにも日影がないし。でも、運悪く月曜が祭日の長い週末なので、開いてる修理屋さんはないだろうな・・・と思って一応電話を掛けてみた一軒目が家でやっているという個人の人で、引き受けてくれた。だから、ひたすら待っているところ。


after a while, the van was ready and we were able to make it to arizona!

バンは結構時間が掛かって夕方に出来上がって、取りあえずアリゾナまでは来れた。
 
the 3rd gen. chabott van didn't make a great impression but it does run very well and doesn't have any problems but the radiator. heavy load, hot weather, we planned to replace the radiator before we hit the road but didn't have time...etc. were to blame. and where is Wata?

いきなりやらかしてしまった三代目チャボバン、でも本当にエンジンもその他のコンディションも素晴らしい。荷物満載でこの暑さ、ラジエターは替えてから行こうと思っていたのに時間がなかった、という悪条件が重なっただけ。あと、よく考えたらバンの担当はWタナベ氏だよねープロなんだからねー。ということで、三代目のせいじゃない、Wタナベ氏のせーだ!という結論に達して全員すっきり。


stu2011.blogspot.com

Friday, August 29, 2014

toughest cannonball ever...(only for team 80)




 ready to head east! finally!

とうとう出発!

that's what we thought...40 miles east from indio. 104 degrees outside. ideal opportunity to get overheated. however, "who hath a good skill, through all waters may wade." as long as with these two guys we'll be okay.

と思ったらパームスプリングスの先、インディオという町から東に40マイルのところでこちら。外は摂氏42度。チャボバンがオーバーヒート。ま、これがチーム80番と言ったところ。何とかなるさ。



going back to indio, california. not sure if we will be able to get down to daytona beach by the grand start of the race... (of course we will)

さっそくドナドナの三代目。ひとつ前の町インディオに逆戻り。フロリダに辿り着くかしら?


stu2011.blogspot.com

Thursday, August 28, 2014

to the very last possible moment...


 the last test ride for #80.

泣いても笑ってもチーム80番、最後のテストライド。




 just checking.

点検中。
 


 made it to the top! and they said they can feel the motor.

頂上の茶屋まで難なく到着。とうとう、良いエンジンという手ごたえがあったらしい。
 



suddenly the indian running in front of us made a huge noise and then primary chain came off. if it was a primary chain, then it's no problem. it happens. shinya even smiles :)

前を走るインディアンから突然ガシャガシャガシャーとものすっごい音がして、パラリと長細いものが落ちた。心臓が止まりそうだった。プライマリー・チェーンだった。遠くに見えるのは音には驚いて止まったけどチェーンが落ちたのが見えなかったN美氏。しかし、なんだあ、チェーンかあ、と笑顔な木村氏。ええ?そういう感じ?なら安心した。もう、ちょっとやそっとのことじゃ驚かない体質に。

 "hey niimie! you dorpped something!!"

「ちょっとちょっとーN美くん、落し物ですよ!」

nothing was wrong with the motor, so it's all good. glad that it didn't happen during the race.

エンジンに異常なし、よって、問題なし!これもレース中じゃなくて良かった。

 fixed it and made it stronger.

修理して強化。

 back from another test ride. and it's officially done!

もう一回テストライドして戻って来た。いよいよゴーサインが出た!
 
choosing tools to bring. looks like we really are heading to daytona beach :D

持っていくツール選び。いよいよ出発が現実的になってまいりました!

 
stu2011.blogspot.com

golden road...


so our 1915 indian motor looks like this again.

ということで、再びバラバラのインディアン。
 




niimie finally said "compare to this whole thing i now realized that how easy my everyday work was!" and shinya said "i now admit that we are insane. we're crossing the river and getting to the other side!"

ついに「大変だと思っていたけど、これに比べたら仕事の方が全然ラク!」と言い出すN美氏。木村氏も「こりゃ本当に変の態かもな・・・」いやいや変の態の向こう側行っちゃってるでしょ、これ。「完璧に向こう側が見えた!」と口をそろえて叫びだす二人。変の態の向こう側を見た奴らがいるらしい。新たな都市伝説が生まれた瞬間。







and they finally found that the cam shaft gear was skewed, hitting the flywheel nut and that was making a noise. luckily we have a straight one from our old motor so they replaced that. the reason why it got skewed was because a tiny metal piece was in the cam cover and been bothering the gear little by little.

なんと、カムギアが曲がっていてフライウィール・ナットに当たって音がしていたらしい。ラッキーなことに初代のエンジンに曲がっていないカムギアが付いているので、それと交換。カムギアが曲がった原因はカムカヴァーの中に小さな金属の破片が入り込んでいて、それがギアに挟まってしまったため。
 
they were so happy that they solve the problem and it was soooooo lucky that they found it now not during the race.

謎が解けてホッとする二人。それよりもっとホッとしたのが、これがレース中じゃなくて今発見出来たこと。ついてる。今回のチーム80番は相当についている。
 
with a great deal of relief, shinya started painting the toolbox...

ホッとして箱に何か描き始める木村氏。
 
"cycle man" on the fender.

フェンダーに"cycle man"









yaaaaay!no wired noise, it sounds gentle yet pretty powerful!

キタァァァァァ!異音なし!とってもやさしいながらも力強い音でズンズン走るインディアン!
 

 they worked so hard just because they wanted to ride it...

こうやって乗るためだけにここまで夢中になれるなんて・・・涙がでちゃうな、なぜか。
 
 
i could tell that niimie was smiling even from behind :)

N美氏の笑顔が背中からでも分かる。
 
regarding the motor, they said they did everything they could. will go for a test ride tomorrow and it will be the last test ride. we are very satisfied and feel fulfilled even before the race.

エンジンに関してはできる限りをやり尽した二人。明日は最後のテスト・ライド。エンジンさえ調子が良ければ他はなんとでもなる、そういつも二人は言っている。かなりの達成感でもうフロリダまで行かなくてもいいかという案も出ている。冗談だけど、その位の達成感と満足感。


stu2011.blogspot.com