Sunday, June 19, 2016

ebullience...


though our Indian showed cloudless performance in 105°F, shinya and Niimie want to check the top end one more time :) at first, Niimie is removing carbon from the cylinder head.

本日熱波の中不安のない走りを見せてくれたインディアン。しかし、木村氏とN美氏はもう一度トップエンドをチェックするらしい。けっこうシリンダーヘッドにカーボンがついてしまうのでまずはお掃除。







and their ambitions escalate...

すると、二人の変の態魂がどんどんエスカレート・・・




 :)





they did as much as they could and the Indian responded to it positively. we are all happy :) tomorrow will be hotter than today so we will go for the last test ride early in the morning.

やれることはやった。そしたら、インディアンがそれにちゃんと応えてくれた。本当に嬉しそうな木村氏とN美氏。明日は今日より暑くなるらしいので早起きして朝一で最後のテスト。





more heat on the way...


Matt Machine is back to our sizzling workshop to work on his flathead, which he aired from Australia. just needed to reconnect the battery and some wiring, put back some oil, fuel, chains etc. that he had to take out to put it on a plane.

Mマスィーンがボーンフリー8のためにオーストラリアで作ってカリフォルニアに空輸したバイクの最終整備(オイルや燃料を入れたり、チェーン付けたりちょっとした配線など)をしにすでにうだるように暑いチャボにやって来た。本日のアズサは記録的な暑さになるらしいけど。






leave M and C alone in the workshop, shinya and Niimie are taking the 1915 Indian for another test ride.

MマスィーンとCをチャボに残して、チーム80番はインディアンのテストに出かけることに。

outside temp was already over 105°F but it wouldn't stop them. in fact, we may have one or two hot days when we pass Arizona area during the cannonball. so we are lucky to be able to test in an extreme weather like this.

外は摂氏40°Cを超えている。しかし、そんなことで彼らはテストを諦めたりはしない。実際にキャノンボール中にこれくらいの暑い日を何度か経験しているし、今回生まれ変わった101歳のインディアンを熱波の中試せるだけでもありがたい。

 we are stewed but the Indian runs consistently steady in the heat. way to go, Indian!

人間は熱波にやられてフラフラだと言うのに、インディアンは変わらずしっかりした足取りで走り続けてくれる。すごいぞ、インディアン!




the heat made us hard to breathe but not the Indian.

熱で息が出来なくなりながら気合いで戻る。(人間の話)



 back to our workshop and Mattt Machine was in his final stretch of the maintenance.

そんな中チャボに戻るとMマスィーンの整備も大詰めを迎えていた。






 it's up and running!

エンジン掛かった!

congrats, mate!

良かったね、Mマスィーン!

Saturday, June 18, 2016

52nd LA roadster show and swap meet...


 at Pomona fairplex.

ポモナにて。




 Crosley wagon from 40's!

40年代のクロスリーのワゴン。
a couple years ago, Niimie scored Crosley motor looked similar to this one at Big3 swap meet.

何年か前に別のスワップミートでこれのエンジンだけを売っていた人がいて、N美氏がそれを手に入れていたなあ。

 who would have guessed from above pictures that we were at LA Roadster Show? no pictures of any roadsters... we roamed around the swap meet section under the blazing sun like zombies.

一枚もロードスターの写真撮っていなくて分かりづらいけど・・・毎年欠かさず行っているLAロードスター・ショウ。ま、お目当てはロードスターと言うよりはスワップ・ミートだから仕方ないか。熱波が押し寄せている中、ぼーっとなりながら炎天下をゾンビのように歩き回った。




our Aussie friend Matt Machine and Mrs. Matt Machine are here from Australia. he aired his unique build of '45 flathead for Born Free 8 then flew to LA, rented a truck and picked it up himself in LA. just dropping off the bike at our workshop so that he can work on it a bit to start it up before the show :)

オーストラリアからマット・マスィーンと奥さんのSがやって来た。ボンフリ8のために作った45年のフラット・ヘッドをオーストラリアから航空便で送ってから自分達も飛行機に乗り、LAでピックアップトラックをレンタルして到着したフラット・ヘッドを受け取る、という・・・壮大な計画。ボンフリの前にエンジンを掛けたり細かい作業を少しするためにチャボに持って来たところ。

 human power!

なぜか人力で降ろす。

 they brought us a beautiful Atomic cappuccino machine that we've been wanting for a long time. THANK you M and S!

ずっと探していたアトミックのカプチーノマスィーンを持ってきてくれた。前回遊びに来てくれた時、俺が絶対に良いコンディションの探してやる!と言っていたMマスィーン、覚えていてくれたんだね、ありがとう!



worked on the 1915 Indian at night when the temp. got a bit lower.

日中あまりにも暑かったので、夜インディアン。でも、あんまり気温が下がらない。