Saturday, March 16, 2013

the polaroid kidd...


shinya felt funny on the way back from the canyon yesterday and checked the rear shocks on the CB750 this morning...

昨日の山の帰りに何か変だと感じた木村氏、気になって今朝CB750のリア・ショックを見てみたら・・・
 
he took the shocks out and said it looked like someone who didn't know anything about it put these shocks on this CB750. scary :<

あまりよく分かっていないトーシローが付けたみたいで、外している途中でバラバラになってしまった。木村氏がちゃんと付け直したのでもう安心。恐ろしや。

 
 ✶
 ✶
 ✶
 ✶
 ✶
 ✶
 ✶


passing through downtown los angeles... it was almost 7pm but it was still light. love summer time :)

ダウンタウンを通過中。夜の7時でもまだ明るい。夏時間って何だか好き。
 
came to see Mike Brodie's exhibition at M+B.

都会に向かったのはM+Bで今晩から始まるMike Brodieのエキシビションを観るため。

Brodie who was born in 1985 and has traveled over 50,000 miles(46 states) by train-hopping and hitchhiking from 2004, he took photographs exclusively on polaroid SX70 until the time-zero film was discontinued in 2006. and then from 2006 to 2009 he moved from SX70 to 1980 nikon F3 with 35mm film. this showing is of his 35mm film photographs. "i’ve never really wanted to be an artist. photography has always been a hobby and i think it always will be." mike brodie / the new yorker

1985年生まれのMike Brodieが、ヒッチハイキングや貨車に飛び乗ってアメリカ中を彷徨っていた2004年から2009年、最初は誰かの車の後部座席にあったポラロイドSX70で仲間や出会った人々を撮り始め、ポラのtime-zeroフィルムが手に入らなくなってからは80年製のニコンF3で35mmに切り替え、憑りつかれたように撮りたいものを撮りつくした。フィラデルフィアではアンダーグラウンドのロックバンドと生活し、ポートランドではヴィーガン(絶対菜食主義者)逹と暮らしたりした。

彼の写真は評価を受け賞を受賞したり様々なメディアに取り上げられたりしたけれど、たくさん撮った(そして飛び乗って移動した)鉄道列車のエンジンや電気系統の知識を深めたくなり写真をやめて勉強を始める。ディーゼル専門のカレッジも卒業した。そしてディーゼルエンジンのメカニックに。「人の車をいじるようになって、人と車との関係性の深さを知ったので今度はそれを撮らなきゃならない」と言っている。

でも、「写真は自分にとってはこれまでずっと、趣味でしかなかった。これからも多分そうだと思う。だって芸術家になろうなんて一度も思ったことが無いから。」とインタビューで答えている。

昔も今もアメリカの少なくない若者たちが、こうやって何かを求めて全米各地を放浪している。何かを見つけられる子もいればそのまま道を外しっぱなしの子もいるし、事件に巻き込まれたり野垂れ死んでしまう子だっている。日本から見ると映画の中の出来事のように思えるかもしれないけど。

今回は2006年から2009年の間にF3で撮った写真の展示。カラー。写真集邦題「若き日の輝き」 こちらで展示中の写真を少し見られます→the new yorker

we saw some of the girls and boys who were in those photographs at the gallery along with Mike Brodie. they were taking pictures in front of their pictures. not just the photographs but all together atmosphere at the gallery had a great impact on us. shinya and i talked about relentless passage of time, about photography, etcetera, etcetera. you cannot take THIS photograph if you are not at THIS place at THIS moment. live for the moment, in the belief that the moment leads to the future.

Mike Brodie本人だけじゃなく写真の中の女の子や男の子達もギャラリーに来ていて、自分の写っている写真の前で記念写真を撮っていた。写真の中では泥だらけだった彼らも友達の写真展を祝うために自分なりに着飾って、小奇麗にしている。写真からまだ数年しか経っていないけれど、皆ずいぶんと顔が大人びていた。中には何かの病で自力では歩けない子も仲間に支えられて来ていた。「その」写真は「その」瞬間「その」場所にいなければ撮ることは出来ない。写真は自分の目の前を通り過ぎていく瞬間をいつまでも閉じ込めておける魔法のようだけれど、撮った瞬間に過去になる。Mikeの写真に対してだけじゃなくて、今晩このギャラリー全体に漂っていた空気と容赦のない時の流れという現実に、様々なことを感じて胸が締め付けられた。今この時、この一瞬を大切に。それが未来に繋がっていることを信じて。

 thank you, BT.


A PERIOD OF JUVENILE PROSPERITY
MIKE BRODIE

16 march - 11 may 2013

M + B
612 NORTH ALMONT DRIVE
LOS ANGELES, CALIFORNIA 90069
 
 ✶
 ✶
 ✶
 ✶


a bit overwhelmed, so we took a long walk around the gallery and found some neat cars :)

あーちょっと気分がヘビーじゃない?こういう時は散歩するにかぎる!ギャラリーの周辺をブラブラ歩いていたら、ディーノ発見!
 
 austin-healey!

オースティン―ヒーリーも!
 
almost everyday, almost :)

「ほぼ毎日ここのバーガーは町で一番だ、と言われマス」毎日言われる訳じゃないらしい。いつも車で通り過ぎちゃうここ、まだ一度も入ったことはない。



2 comments:

emil said...

"Mike Brodie (born in 1985), best known by his pseudonym ""Polaroid Kidd"" is a self-trained American photographer from Pensacola, Florida.

In 2003 Brodie left home at 18 to travel the rails across America. A friend gave him a camera and he found himself spending three years photographing the friends and companions he encountered with the Polaroid SX-70. Polaroid discontinued SX-70 film, so now he shoots on 35mm on a Nikon F3.

His photographs have been featured in exhibits in Milwaukee, at Get This! Gallery in Atlanta and in Los Angeles at M+B Gallery. His work was also selected to appear in the 2006 edition of the Paris International Photo Fair at the Louvre. In November 2007 he collaborated with Swoon and Chris Stain to mount an installation at Gallery LJ Beaubourg in Paris. He also has had collaborative shows with artist Monica Canilao.
His photographs largely depict what he refers to as "travel culture", train-hoppers, vagabonds, squatters and hobos.

Critic Vince Aletti of artsandantiques.net says of Brodie's work: "Even if you’re not intrigued by Brodie’s ragtag bohemian cohort—a band of outsiders with an unerring sense of post-punk style—the intimate size and warm, slightly faded color of his prints are seductive. His portraits.....have a tender incisiveness that is rare at any age.""

from Wikipedia, May 2013

Greetings from a Yamaha SR500 enthusiast in Stuttgart, Germany

Matthias

emil said...

...sorry, from Wikipedia March 2013 of course!

Viele Grüße aus Deutschland,

Matthias