Tuesday, March 1, 2016

is our Indian ready for the Rocky Mountains?


today, our 1915 Indian is ready to go over the Azusa canyon and get to Mt.Baldy. it's our one of the longest routes in the canyon, 70 miles round trip from 686 ft. above sea level to an altitude around 6,300 ft. the highest.

1915年のインディアン、本日はアズサ山を越えて隣の隣の隣町のマウント・バルディまで尾根道を行く予定。往復112km、海抜約209mのチャボから一番高い所で標高2,000mくらい。本番でのロッキー山脈越えのシュミレーション。



 it goes up in a steady rhythm and speed.

一定のリズムとスピードで、ぐんぐん登って行くインディアン。



the Indian is running as if it was a completely different motorbike.

何だか生まれ変わったかのような走りを見せるインディアン。通称ターチー・ロードをどこまでも登っていく。





 got to Mt.Baldy Lodge without any problems :D

問題なく隣の隣の隣町まで山越え成功。嬉しそうなお二人。

 plugs look good :P

プラグもいい感じに焼けている。

 now shinya's turn to going back.

帰りは木村氏の番。


  ✡  






this is one of our favorite spots. we feel really privileged to be here no matter how many times we come to this place.

ここは、何度来ても「あー今日ここに来れて良かったなあ。」と思える大好きな場所。




 and back to Azusa canyon. 

そして、いつものアズサ山に戻って来た。

 the Indian runs great.

絶好調のインディアン。

Niimie takes over from here.

ここからは再びN美氏がインディアンに。




 back to 686 ft. above sea level :)

無事に下界に到着。






at night, they put a side stand on the Indian. they say it comes in handy and makes a huge difference for them to ride it everyday for 16 days. instead of using the rear stand, it conserves both their energy and momentum when they just want to stop and check something, etc. :)

夜。あったらいいなシリーズ。インディアンにサイド・スタンドを付けた。毎日500km近く(時に500km以上)を16日間、3回大陸横断した人達の知恵。これがあるのと無いのじゃ雲泥の差、らしい。ちょっと止まって点検したい時など、いちいち後ろのスタンドを掛けていると彼らの体力が消耗されてしまう。なにしろ本番中は(気づいていないけど)極限状態にあるので・・・










2 comments:

Mark W said...

Excellent

bOu said...

Well done N, S & A. It feels very strong. Even from amsterdam.