Friday, June 17, 2011

swap meets enhance interpersonal relations...


left early in the morning to northern california.

スーパー朝早く出て、北カリフォルニアを目指します。
 

the first thing we saw was our fellow cannonballer D's 1912 Harley Davidson! so glad to see him and his motorcycle again.

まず最初に目に飛び込んできたのは、キャノンボーラー#12、Dの1912年ハーレー。久しぶりにDに会えた!


 wait a minute...

あれ?

 wow, we found another cannonballer, V and a part of his collection... we didn't know he had a lot to chose from...


今度はキャノンボーラーのVに再会。これは彼のコレクションの一部・・・こんなに沢山の中から1台を選んで参加したんだ・・・すごい。

 he had a couple of or maybe more indians...


インディアンも普通に持ってる、何台も・・・知らなかったよ。






 shinya in the morning

これは木村氏午前中のお姿。

 what kind of person put masking tapes on the original memorabilia from 1955 catalina grand prix?


通常ビニールに入れて大切に保管してあるであろう1955年のカタリナ・グランプリの時のオリジナル・チェッカーサインにマスキンテープ直貼りの無頓着な人ってどんな人?


him. another cannonballer R! he fixed sandwiches for us, too. it was so delish!!

って、キャノンボーラーのRじゃないか!無頓着にもほどがある。ついでにサンドイッチを作ってくれる。一つ作って木村氏に手渡した瞬間にもう次のサンドイッチが作りたくて仕方がない、せっかちなR。結局3つも作ってくれた。美味しかったあ、R最高!



our friend cannonballer Niimie will love this bike. for sure.


こちらはN美氏にお勧めの一台でございます。悔しがらせるためだけに写真を撮った次第です。

 look, Niimie!! this picture is for you!
WR with KR topend.

さあさ、こっち側も見るがよい!欲しくなりましたか?
KRのシリンダー&ヘッド付WR!




people were gathering around this cushman and asking the owner if this one runs.

皆でこのクシュマンの周りに集まって、動くのかどうかオーナーに聞いていた。

 of course it did. whatever they are, cushman, teens bike, knucklehead, panhead, yamaha... if it's running, guys are riding them around.

もちろん動く。そして、エンジンが掛かれば何でも乗り回す。会場内にはそんな変な乗り物を乗り回す大人達で一杯。懐かしのティーンズの音もあちらこちらから聞こえてきて、ちょっとドキドキした。

happy shinya in the afternoon. he had finally decided to get something.
unlike those mexican swap meets or neighborhood yard sales that shinya loves, negotiating process is very tough and different at these speciality swap meets because basically many of them don't want to sell that much. they are selling their treasures. shinya says he totally understands that feeling so he just enjoys asking questions or just talking with those knowledgeable specialists. they are playing with motorcycles even before we were born! we are not digging for any valuable rare parts or collectors items anyway. so for us, meeting with people and friends is more important at the special swap meets. of course it's always nice if we could find something great with bargaining, though ;)

そして午後の木村氏、何かゲットしてめちゃくちゃ嬉しそうです。いつものメッヒコスワップミートや近所のヤードセールと違って、こういう特別なスワップミートだと値段交渉の難易度が高い。木村氏の得意技が全く使えないのです。なぜなら、基本的に皆それほど売りたくないから。大切な大切なお宝を、半分自慢の為に持ってきている人が多い。何となく気持ちは分かる。だから作戦を変えなくてはなりませんぜ。まあ、レアパーツとかコレクターズ・アイテムなんかには元々全く関心がないので、あんまり影響はないんだけど。それにこういうスワップミートの楽しい所は、色々な人に会って話しをするところにある。面白い話満載だし、私達が生まれる前からオートバイで遊んでいる人達から得ることだらけ。でも、ちょっとくらいまけてくれないとねー折角のスワップミートなんだからねー。


 


3 comments:

jam'zgarage said...

あぁぁぁ・・・。 悔しいぃ・・・。 早朝から電話くれる位なら、こういうの買っておいてくれればいいのに!

menacing ayu said...

jam'zgarage: ハハハ 興奮してると時差とか関係なく電話しちゃうよねー でも結局アレは買わなかったよ。

occhiolungo said...

Great to see you two! Sorry that we didn't get more time to chat.

Ayu, your notes are very perceptive. Many of the guys go to the swap meets to talk with friends, not so much to buy or to sell.

My speech about the Cannonball was ok. A bit nervous talking to a big crowd, but they seemed to like the photos.