Tuesday, August 14, 2012

it was supposed be the last day...


no one was in the line in the morning. we were the first ones.

朝一、まだ誰も並んでいないコースで1走目。


 the fourth day, first run.

hmmm...could be better.

何かいまいちらしい。
 

 changing jet, etc.

ジェット替えて、2走目。

the official lady, we participate in the same car club and she races her indian and her husband races a knuckle. this year they're not racing on the salt flats. instead she's volunteering as an official. thanks to all the volunteers' efforts this event is impossible without them. we have the utmost respect for them. we'd like to continue racing and make a solid contribution to it, too.

このオフィシャルの彼女は同じカークラブで、いつもはインディアンでレースしていて彼女の旦那さんもナックルでずーっとレースしています。でも今年のボンネビルはレースせずにボランティアでオフィシャルを担当してくれています。頭が下がります。スピードウィークもエルミラージもすべてこうしてレースをする人やしていた人、関係者たちのボランティアで成り立っています。我々も長くレースを続けて何等かの形で貢献していくつもりです。

 second run
 
 at the end of the course on the return road.

コースの終わり地点の横のリターンロードの風景。

the course and the return roads were flatten but the surface of the salt was really bumpy this year.

コースやリターンロードはならしてあるけど、実際の地面はとてもバンピーだった今年。
 

shinya started to take lots of things out...

なんだか色んなものを取っ払い始めた木村氏・・・




"i wanna try one more!" shinya said. you can try as much as you want, shinya!

もう1本だけ走りたい、と木村氏。何本でも納得いくまでどーぞどーぞ。

 hello jackie!

いつかはボンネビルでレースをしたいというJッキー氏は今年も見に来ていました。bean banditsのJリオ達を手伝ったりして、レースの雰囲気やルールなどを身をもって体験しています。本当に好きなんだなあ。早くレース出来るといいですね!



 the third attempt...

3走目の挑戦。



ay...the fuel pump was broken. from the phenomenon on the spike on the course, shinya suspected it was the fuel pump but at the same time he didn't want to believe it. but it was.

コース上で起きた現象から、まさかフューエル・ポンプ?と推理したものの、普通壊れないだろ!という気持ちもあったらしいけど、やっぱりフューエル・ポンプが壊れました。

"ah...fuel pump...i guess it's over..." shinya said but his hands still moving. eventually he fixed it and put it back.

フューエル・ポンプかぁぁ。諦めるかなあ。などとブツブツ言いつつも絶対に手を止めない木村氏。結局直しましたよ、もちろん。

"give me one more chance! i'll run just one tomorrow morning, and that's it. we'll head back by noon, ok?" shinya said. OKAY!

「ああー、明日朝1本だけ走らせて。もう一回だけチャンスをください!それでお昼にはここを出よう。」 本当は今日には帰る予定でしたけど、今日も明日もそんなに変わりません。こうなったら好きなだけやっちゃってくださいませ。



3 comments:

Travis Perich said...

This looks like a time for the Tall Van!
TP

Anonymous said...

hahaha great story. He wants to go faster and faster...
never give up. Love it.
Go Shinya, Go!!!!
bOu

Hermann Huefner said...

fantastic impressions, thank you for participating!