Friday, November 23, 2012

out of body experience...


shinya's long time friend AK of TASTE concept motorcycle in tokyo sent us a package for celebrating the completion of the motorcycle cannonball!

木村氏と長~い長~い付き合いのTASTEのKウチヤマ氏から小包が届きました。ちょくちょく変なもの・面白いものを送って下さるのですが、今回は”キャノンボールやり遂げ記念”らしいのです。キャノンボールが始まる前からずっと応援してくださっていたので、少し襟を正して箱を開けると・・・まずはガチャガチャカプセルに入ったにゃんこ達がワサァァと出てまいりました。ここがまずKウチヤマ氏らしいそうです、長い付き合いの木村氏によると。

he enclosed some old pictures of shinya and him. shinya's trying to sit on a TASTE bike that AK built at a show in japan, i don't know maybe 8-9 years ago or older? they went through the same era and have seen the whole movement in the motorcycle world and still building motorcycles. it's not so easy to continue creating works for a long time while maintaining joy and passion and i respect them so much for that.

そして懐かしい写真も。何年も前のショウでKウチヤマ氏作のバイクに跨る木村氏や、名高いTONO・1号、ホットロッドの脇に佇むヤングなお二人。しかし、よーく見ると木村氏・・・そのシャツとカーディガン今でも着てますよね?物持ちの良さったら横綱級。ま、それはさておき、それぞれオートバイをこよなく愛し、同じ時代を生き、オートバイとそれを取り巻く環境の移り変わりを実際に見て、それでもオートバイを作り続けているKウチヤマ氏と木村氏、「継続は力なり」の生き証人達、素敵です。何かをずっと好きでいること、変わらぬ情熱を持ち続けること。言うのは簡単だけど実行するのは難しいなんてよく聞くけど、きっとこの二人は「そんなことないよ、気が付いたら続いていたんだよ、これしかないから・・・」なーんて言いそうだな。気負うことなく好きなものにまっしぐら、でいいんじゃない?って気持ちになります。

the spike drew by AK on a plastic package with a deep message for shinya. i love this spike and envied their relationships.

Kウチヤマ氏からキャノンボールを頑張った木村氏へのトロフィー、の袋にペンで書いてあったスパイクの画とメッセージ。「うわぁ!昔っから絵が上手いんだよAキラさん!」と完全に脱帽の木村氏。トロフィーの為に走った訳じゃないけど、毎日毎日応援してくださっていたKウチヤマ氏からこうして気持ちを頂けるなんて、最後まで諦めなかった甲斐があるというもの。ズシリと重くて温かいトロフィーです。

and AK also gave me a wallet with this drawing as a trophy for driving the van both ways and posting pictures of our adventure here. it's shinya and niimie push starting the indian and me standing there watching them at the foot of the golden gate bridge hand painted by AK. i was always watching shinya and niimie working and riding on the indian and it was more like watching movies. but looking at this drawing, seeing myself in the same scene with them, makes me realize that i really was there with them. this special trophy means a lot to me and i can't thank AK enough for it. thank you, AK!

これはKウチヤマ氏から私へのトロフィーに描かれていたKウチヤマ氏の手描きの画。ゴールデン・ゲート・ブリッジのたもとで押し掛けをする木村氏とN美氏と、それを見ている私!本当にあの時見た情景そのままで、そこに居なかったはずのKウチヤマ氏がこれを描いてくださったというのが奇跡のように思います。いつも二人がボロボロになりながらボロボロのインディアンを直し・押し・乗ってゴールする姿を、まるで映画でも観ているかのような気持ちで見ているだけだった私にとって、幽体離脱をしてもう一度あの時を上から覗いているような、そしてその中に自分の姿があることが本当に嬉しくて、あの嘘のような何日間の様々な出来事が蘇ってきました。私もあの場所に一緒に居たんだ!と初めて実感出来た気がします。このトロフィーは私にとってとても意味のある大切ものなので一部しかお見せしませんが、残りはずっと自分の中で宝物にしていきたいと思います。Kウチヤマ氏、本当にありがとうございました。日本からこの風景を一緒に見てくれていたんだと思うと、本当に感慨深いです。




4 comments:

Hairy Larry said...

Very nice sketches...he seems to have caught the essence of the moment in them...

Anonymous said...

Ayu- i dont know how the others view yalls events and undertakings, but im always interested in what yalls team is doing. I read everything as if im reading about a family. Which is pretty kick ass, yall are a fantastic team/family.

Keep it up!

Hodge said...

Ahh! Anonymous?!
Stoooopid Iphone.

Cheers and beers
Hodge

menacing ayu said...

Hairy Larry: yes, indeed :)

Hodge: thank you so much!