Saturday, June 13, 2015

ride Ride ride...


the ride day. Wheels and Waves provided us the three different routes 80/300/330km (50/185/205 mi)and we took 300km canyon route. seemed like a sunny day was waiting for us and we were too excited to ride in the French canyons.

本日はライド・デー。Wheels and Wavesは80キロ、300キロ、330キロの3つのルートを用意してくれていて、我々は300キロの山コースを行くことに。どうやら今日は雨は降らないようだし、おフランスの山を乗れるなんて大興奮。 


however, when we saw all those motorcycles occupying the small town, we had a little concern. when we go for a ride we usually go by ourselves or with a small group of friends and not a big fan of massed ride or cruising-together-slowly ride. 

しかし、普段は自分達だけで乗るか、ほんの数人の友達と乗るか、とにかく大勢で徒党を組んで乗るのが好きではない我々。小さな町中がライダー達で埋め尽くされているのを見て少し心配になる。



 one and only.

上ハードなのに足元ソフト。

 black jacket club

なんだか黒々しい。


stopped at a cafe in Saint-Jean-Pied-de-Port. despite our concerns about the massed-ride, congestion was just the starting area and afterwards it was just me and great scenery and the taillights of other high skilled riders ahead of me. what a bless! i wanted to ride forever...

途中で小さな町に立ち寄る。混み合っていたのは最初だけだった。我々のグループは上級ライダーの方ばかりだったので、彼らに着いていけばあっという間にオープンロード。あとは一人。美しき山の中を全開で走る喜び。もういつまでも乗っていたい、全然オートバイから降りたくない、どこまででも行ける!そんな気持ちで脳内お花畑になってしまったくらい。

we caught in the rain after this. we forgot to bring our rain gears so got completely drenched at one point but, whatever! when riding through the dynamic mountains, we felt the rain was something extremely minor. yep.

この後は雨に見舞われる。晴れと信じて疑わなかった我々は雨具も置いてきてしまったので、ある時点では完全に濡れ鼠に。でも結局走っていると降っていない時に風で乾くからそんなに気にならなかった。見たことのないような山脈や渓谷の間を走っていると、雨なんてちっとも大したことに感じない。(お花畑だったからかもしれないけど)





and back to Wheels & Waves village. with Jordi of AIQUZA, his BMW build and journalist Pilar both from Spain.

Wheels and Wavesのヴィレッジに戻って来た。カスタムに厳しいスペインで活躍しているJ氏とジャーナリストのP女史。このBMWはJ氏制作のもの。

rain

雨が降ったり止んだり。

shurunken shinya with journalist Jan Somertauer of MOTO house.

木村氏、縮んだ?チェコスロバキアの記者の人が巨人なのか。





2 comments:

Vincent Prat said...

Next time, come to ride with us in secret places, to avoid crowd ;-)

menacing ayu said...

Vincent Prat: Definitely! Thank you for everything, Vincent!