Wednesday, September 12, 2012

day 6, still in obokoji, iowa...


it's really sad to see our indian not running but we've gotta do what we need to do to make it back on road.

走れないインディアンを見るのは辛いものです。しかし、ガックリしていても始まらない。走れるようにするためにやれるだけのことをやるだけです。


thank you, okoboji hearley-davidson!!

at first shinya and niimie wanted to go to the harley dealer in town to ask them which machine shop to go. i found a couple and our friend P searched online and got some more machine shop around the the area but we had no clue which one was the best for the situation like this. during the last cannonball, we had to drive around the town to try most of the machine shops but none could do what we wanted to do. if someone couold let them use their lathe and welder, shinya and niimie could do it thmeselves and that's the easiest way, though...

いくつかマシンショップを見つけましたが、私たちに今必要なことをすぐにやってくれる所を見知らぬ町で見極めるのは難しい。なので、この町のハーレー・ディーラーでいつも彼らが使っている所を教えてもらうことに。前回のキャノンボールでも、オクラホマの小さい街のほとんどのマシンショップを訪ねたけれど、やってほしいことをやってくれる所に出会えず、時間を無駄にしてしまったので。もちろん、旋盤と溶接機を貸してくれれば木村氏とN美氏は自分達で出来るので話が早いのですが・・・


they were so kind and led us use the parts cleaner while waiting for  them to make some phone calls to find what we need. they even called john deer to see if they had any bushings that are close to the size we need. they said they wanted us to come back in the race as soon as possible to keep going.

オコボジ・ハレーのやさしさに感動。色々な所に手分けして電話で当たってくれ、パーツクリーナーなどを使わせてくれ、農機具のジョンディアならこのサイズのブッシュをもっているかもしれないと問い合わせくれたり、地元で色々あってあんまり好きではない他のディーラーにまで電話してくれた。どうしても間に合わせて、またレースに復活させてあげたい、と一生懸命になってくれた。もうこのみなさんの気持に甘えて、インディアンを蘇らせることでお返しするしかない!ありがとう、オコボジ・ハーレー!




the flywheel bushing in pieces :<

粉々になったフライウィールのブッシュ  哀


anyway, the machinist that they use were out of town so they called all the places and found one for us. thank you so much, obokoji harley-davidson!

ということで、オコボジ・ハーレーがいつも使っているマシニストが出張中で明日まで戻らないということで、町中のマシンショップを当たってくれ、出来そうなひとりが見つかった!

thank you, T & D machine!


Dale of T&D machine made us a perfect bushings and called someone who does welding for him and asked if he could weld the valve dorm. he came over right away and said he could help.

T&D マシンのデール氏がなんとかあるものを代用してブッシュを作ってくれた。彼は溶接機を持っていないけどいつも溶接を頼んでいる人に連絡してれ、その人が偶然近くにいたので駆けつけてくれた。

"just follow me," LeRoy of Vogts Engineering said so we followed. then we got to his workplace in the middle of the huge farm!

駆けつけてくれたリロイ氏もキャノンボールのことなど全然知らないのに、よし、着いて来いと言ってくれた。でも着いていくとどんどんトウモロコシ畑しかないエリアになってしまい、一抹の不安が・・・着いた先はどう見てもファーム。



 this is LeRoy's family owned 20,000 acre farm and he does everything mechanical here.  there were welder, lathe, tools, everything. and instead of him welding the dorm, he led shinya and niimie use whatever in his workshop. wow.

ここはリロイ氏の家族が経営している2万エーカーのトウモロコシ畑と牧場で、リロイ氏はここでなんでも修理したり農機のエンジニアリングなどをしているそう。旋盤、溶接機、ツールなんでも揃っていて、好きに使ってくれていいと言ってくれた。嬉しすぎて大した言葉がでてこない。ありがとう、リロイ!






LeRoy took me on a tour on this huge tractor robot. those tyres were the same hight as i.

場所や機械を貸してくれたばかりか、こんなに大きなトラクターというかロボットに乗せてくれて畑のツアーをしてくれた!私の身長がこのタイヤぐらいで乗り心地は悪かったけど、楽しかった!



shinya on the big john deer!

木村氏最新のドデカ・ジョンディアに乗せてもらう。


the dorm is done! it's like a brand new! kidding!

ドームも完成!新品同様!

LeRoy gave this before we leave.

リロイ氏がこの飛行機ようの液体ガスケットをくれた。本当にありがとう!



our cannonball brings us this kind of great encounters. now we better head west to catch up with the other cannonballers in south dakota. we can get there by 4 or 5 in the morning.

さて、名残惜しいですが我々は西に向かって出発つしなければなりません。こういう人との出会いが私たちにとってキャノンボールの醍醐味でもあります。今日のゴールはサウス・ダコタの小さい町。朝の4時か5時には着くでしょう。


6 comments:

hermann huefner said...

all people have a big heart for Shinja Naiimie and Ayu!
continued good luck!

Lonnie C. said...

Lots of folks pulling for you guys! Keep rolling!

Travis Perich said...

so great to hear!
Stoked there's good people out there.
TP

Hairy Larry said...

A bummer to break down, but it has led you to meet some amazing mechanically like-minded new friends...very cool!

Jim said...

It isn't a bad situation..

New friends, lotsa friends.. this is amazing trip

Steve Fanelli said...

You guys are going to have a new bike by the time you get home! :)