Wednesday, September 19, 2012

we heart idaho...



at this stage, this was pretty bad. though we discussed and tried to figure out the way to fix this as quick as possible, we were desperate. there was a biggest town in idaho called boise about 40 miles west but it was almost 6pm, we had to carry finding welder/machine shop to tomorrow. however, this is the team #80, don't we have THE special power? no, we don't, but as one door closes, another one opens for #80. always.

この段階でのこのダメージは厳しい。どっちにしろ午後6時を過ぎているので今から溶接屋やマシン・ショップを探しても開いていないし、バラして明日の朝一番で40マイル先にあるアイダホ州で一番大きい街というボイシーで探すしかない。最低でも2日はかかると予測、それでも何とか直して走ってゴールする、という方向に切り替えなくては。それにしても、次から次へと複数の問題が起こり続けるので結構がっくりきてしまった。ん?がっくりくるなんて#80らしくないぞ!いつもどん底から這い上がってきたではないか!

at the motel parking lot, we met these guys and we could tell instantly that they knew about motorcycle and shinya and niimie explained to them casualy what happened to our indian and what they needed to do. they understood and then they offered to let us use their shop about an hour away from here. wow! they said they had welder and lathe. wow! 

キタキタキタァァァ!#80らしい出会いがありました!モーテルの駐車場でがっくりきていると、キャノンボールの噂を聞いて旧いオートバイを見にきたという2人組に出会った。最初は写真撮ってもいいですか?と控えめな2人、色々話をして実は今日インディアンが壊れちゃったと告げると、かなりオートバイのことが分かるようで色々話が弾み、よかったら今から自分達のショップで作業しませんか?一晩中でも使っていいですよと言ってくれた。ショップには溶接機も旋盤も一応あるという。今晩はふて寝をするつもりだった我々もびっくり、凄い展開です。ドッキリ?ねえ、これドッキリなんでしょ?

it turned out that they were Mike and Luke of union motorcycle classics in nampa, idaho! ok, we got a welder and a lathe now but shinya and niimie needed some material to make a new bushing. it was already past 6pm so we weren't holding our breath. but Michael was already calling someone he knew and found it.

さて、この2人はunion motorcycle classicsのMとLで、アイダホ州ナンパで活躍しているということが判明。しかし、せっかっく溶接機や旋盤があってもブッシュを作るための材料がなければ作れない。時間は午後6時を回っているし鋼材屋が開いているとは思えないし。しかし、知り合いに材料を持っていそうな人がいる、と連絡を取ってくれるM。そして、あった!地元パワー炸裂!

an hour later, we all at union in Maynampa.

一時間後にはunionのショップの中にインディアンが進入。

Mike and Luke also found someone who's specialized in welding airplane parts could weld the crankcase now. now? it was already 10pm. we could only half believe it but shinya and niimie rushed to take the engine out.

MとLはさらに飛行機の溶接のスペシャリストに今からクランクケースを溶接してくれるように手配してくれたという。しかしこの時点ですでに10時。半信半疑でとにかくエンジンを下ろす木村氏とN美氏。

 



about an hour later, they took out the engine and cleaned the crank case with pressure washer :)

1時間後にはエンジンを下ろし、割れたクランクケースを洗ってきれいにする。

then Mike and Luke took us to the welding specialist Mark's place. Mark said this would be the oldest thing he has ever welded and kindly accepted our request.

そして、MとLは約束通り溶接のスペシャリストの所へ連れて行ってくれる。スペシャリストは今まで自分が溶接したものの中で1915年のインディアンが一番古い!と大喜びして、でも少し緊張して快く溶接を引き受けてくれた。





4 comments:

Alfred said...

Wow! You guys meet a lot of nice and passionate people!

sirokuma said...

毎日ワクワクしながらブログ拝見しています。
しかし、こんな所でキカイダーのTシャツ着たナイスガイ登場とは・・・
すごいや!!

Alex T77 said...

Good ol shinya charm. Thanks for keeping us posted with all your pix Ayu.

Rhynchocephalian said...

More and more I can see where the Cannonball is taking us and vintage motorcycling. It keeps the blood flowing in the passing skills not commonly seen.