Tuesday, August 16, 2016

our day on the salt continues...







it was soooooooooooooo amazing to see Spike and Sam's Miyata in the starting line. yes, they made it!

スパイクとSム氏のミヤータがスタートの列に並んでいる姿。そうです、やりましたよ、Sム氏のチーム・ミヤータ!数々の試練を乗り越えて、ついに走れるんです!これには本当にグッときました。


this guy. I-san of Shirley Mama. he's the chief mechanic of Sam's Miyata. he came all the way from Nagasaki, Japan to support Sam. without his effort and passion, along with Sam and his support crews', the Miyata wouldn't be in starting line today.

そして、長崎からSム氏のサポートのために駆けつけ、今回大活躍のシャーリーママのIリエ氏。Iリエ氏の本気とSム氏や他のクルーの熱い思いがなかったら、このミヤータはスタートラインに立てなかった。だから、ほんと、いい顔していらっしゃいます。







 the AJS (see photo on the top)

1枚目の写真のAJSが出走するところ。



 shinya and Spike right before the start.

スタート直前の木村氏とスパイク。







first pass wasn't so great. shinya changed jet in the van and ready for the second pss. then we found oil leak from a broken oil line. so we had to go back to our pit and fix that.

一走目はいまいち。で、バンの中でジェットを変えて2走目に並んぶ。ところが割れたオイルラインからオイルが駄々漏れし始める。これは一度ピットに戻って直さねば。



ok, Kiyo and his CB1620 Gekko is ready so we decided to head back to our pit after we see him take off.

おっと、Kヨ氏とCB750二個搭載の「月光」が走るぞ!ということで、出走を見てからピットに戻ることに。




 beau-ti-ful!!

おーー塩の上で見るとより一層カッコイイ!!

 never seen him so excited x nervous at the same time :) duh, it' his 'dream-come-true' moment, of course he gets excited AND nervous. and we all are so happy and excited for him.

写真で見るとめっちゃ緊張しているのが分かるね、Kヨ氏。自分の作ったオートバイをここで走らせるのはKヨ氏にとって(たぶん今塩の上にいる我々みんなにとって)夢のような話。緊張と興奮とごちゃ混ぜになって、やっぱりお花畑になっちゃうのは仕方ない。


and he made a successful rookie run. he's no longer a rookie on the salt! yay!

そして、見事ルーキーランを走りきった!Kヨさん、ルーキー卒業おめでとう!





shinya fixed the oil line and came back in the starting line for the second pass.

ピットに戻り割れたオイルラインをものすっごい速さで直し(速すぎて写真なし)、再びスタートラインにて2走目にチャレンジする木村氏。



when we were loading Spike on the return road, we saw Sam and his Miyata on the course, passed finish line and came onto the return road! very emotional and touching moment for us, too. so we ran over to him.

リターン・ロードでスパイクを積んでいると、Sム氏のミヤータがフィニッシュ・ラインを通り抜けて、リターン・ロードに向かってくるのが見えた!もう嬉しくて大感激!木村氏も筆者もかなりのテンション・マックス状態でSム氏に駆け寄る。


when the driver took off his helmet and head sock, we found out that it wasn't Sam! it was Sam's co-driver from Japan that we barely know. it became a bit awkward moment. but what a hell! it's just great. let's celebrate!

おや?Sム氏のテンションがちょっと我々と違うぞ。そっか、感激してもしかしたら涙で前が見えないのかな?Sム氏がヘルメットを脱ぎ、ヘッドソックを脱ぐと・・・あれれ?Sム氏・・・じゃ・・・ない!がびーん。しっかりご挨拶もしていない日本からいらしていたもう一人のドライバーの方だったのねん。ごめんなさい、かなり怖かったと思う。リターンロードでよく知らない感極まった邦人に駆け寄られちゃって・・・でもおめでたいことに違いないんだから、ま、いっか!

the 2nd pass wasn't good either. shinya changed jet and go for a third pass. at this point the line was empty, no wait time.

2走目も変わらず。再びジェットを変えて3走目に並ぶ。もう列はガラ空きで待たずにすぐ順番。



shinya said he felt sooooo good on the course but didn't see any improvement in speed...

もう本当に気持ち良いんですって、コースを走るの。ただ、スピードは変わらず・・・

 4th attempt before the course closes.

そして、コースが閉まる前にギリギリ4走目。





the speed didn't change much. he couldn't even beat his own personal record but again he said he felt so good on Spike on the course and he gave of his best so we are happy.

スピードは変わらず、自己ベストにも及ばず。でも、やっぱり相当に気持ちが良いらしい。やれることは尽くしたし、後悔なし。楽しかったし、やっぱりボンネビル最高!


though we wanted to stay until the last day of the SpeedWeek we better get going. we have Cannonball next and have tons of things to do before that. we'll come back next year. probably Niimie and Wata will be racing, too. ah, we love Bonneville. it was a pleasure meeting you all on the salt. thank you for your love and support. see you all next year!!

最終日までいたいのは山々ですが、キャノンボールが控えております故、我々のスピードウィークはこれでおしまいです。来年はN美氏、そしてWタナベ氏にも是非とも塩の上でレースしてもらいたい。そして、スパイクも前面的にてこ入れしてカムバックするぞ!今回ボンネビルでお会いした皆さま、温かい応援ありがとうございました。そして、KヨさんとKットさん、色々ありがとう!皆のおかげで最高の時間を過ごせました。また来年!






2 comments:

jam'zgarage said...

ラジャッ! チャレンジ三昧!

menacing ayu said...

jam'zgarage: フラットトラックもよろしく!